賃貸/売買/不動産コンサルティング/相続支援/賃貸管理/空家管理 など不動産のことなら岡山県総社市の【住まいるステーション】西日本開発(株)へ

 
岡山県総社市中央1-6-27
電話:0866-93-4609
時間:9:00-18:00 / 休:水、第二日、他
店休日のおしらせ >>
  1. TOP PAGE
  2. 賃貸住宅を探す
  3. 賃貸住宅 退去時の原状回復について

賃貸アパートマンション 退去時の原状回復について

「原状回復」って?

 賃貸アパートマンションを退去されるとき、最後は大家さんや管理会社の人が立ち会ってお部屋の状態を確認します。このとき、元の状態と比較して「どの程度元の状態に近いか」をチェックし、お預かりしている敷金の清算などが行なわれます。
 当然、住んでいる間に壁にキズが付いたり床が汚れたりしていると思います。そういった部分を元の状態に近づけることを「原状回復」といいます。

どういったケースで費用請求があるのか

 ごく一般的に掃除したりして普通に生活していると、費用請求されるケースはあまりありません。

 賃貸借契約書には「賃借人は原状回復して明け渡さなければならない」と書いてあります(文言は異なるかもしれませんが同様の内容が記載されています)が、完璧に元の状態に戻すことではありません。
例えば、
・壁にポスターを貼っていたのをはがすとそこだけ真っ白のままだった
・家具を置いていた跡が型になっていた
・押しピンを使ってカレンダーをかけていた
・窓のそばのフローリングが色あせした
など、住んでいて年数が経てば当然起こりえる事象(経年劣化)については、基本的に入居者の負担にはなりません。

しかし、住んでいる間に普通は起こらない事柄、都度手入れしていれば大きくならなかった汚れや傷などについては入居者負担となります。
・床に椅子などをひきずった跡がある
・壁や天井、床にうっかり穴を開けてしまった
・焦げ跡が残った
・換気不足で室内にカビが発生した
・換気扇の油汚れを掃除していなかった
・退去時にゴミを残した
などについては、敷金で相殺されたり追加で費用請求が発生したりすることとなります。

 もう少し細かい例を挙げると、お子様がいらっしゃるご家庭でお子様がペンで壁に落書きをしてしまった場合、落書きした壁面については費用請求が発生しますがその部屋全体についての費用請求ではありません。

 また最近は喫煙者が減ってきていますが、タバコが原因の臭いや汚れの原状回復については全て入居者負担となりますのでご注意ください。ペット不可のアパートマンションの場合、ペットを飼育していたら契約違反の上、その匂いや汚れの原状回復については全て入居者負担となります。

 原状回復については国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に基づいていますが、細かな部分については賃貸人や仲介会社、管理会社などによって異なると思いますので、詳しくはそれぞれの賃貸借契約書をご確認いただき、ご不明な点はご確認ください。
※ 賃貸借契約書に特約がある場合はそちらが適用されますのでご確認ください。

トップへ戻る